NIKE AIR MAX 180 OG -WHITE/BRIGHT CERAMIC/BLANC/CERAMIQUE VIF-

天才デザイナー、ティンカー・ハットフィールドが1987年に生み出した初代"AIR MAX 1"。2017年は誕生から30周年のアニバーサリーイヤーとして、当時のシルエットを再現したOGシリーズが発売された。また新たなクッションシステムを搭載した"AIR VAPORMAX(エア ヴェイパーマックス)"もデビューを飾り、"AIR MAX"のクッショニングは長きにわたるナイキのテクノロジーの基幹として、現在も歩みを止めることがなく進化し続けている。
1991年に従来のエアユニットに比べ、50%容量を増したモデルとして"AIR 180"がリリースされた。横からのみ視認できた当時のエアユニットを大幅に拡大、足裏で直にクッション性を感じられる"180°"のエアユニットはランニングシューズに変革をもたらした。空気感を打ち出したビジュアルは、その後にリリースされる未来的なエアマックスシリーズに多大な影響を与えるモデルとなった。
スポーティーかつクリーンなホワイトのアッパーはメッシュとレザーを用いた。ヒールとシュータンには"180"のロゴをデザイン。当時は"AIR 180"のネームで発売され、"AIR MAX"とは異なる派生モデルだったが、復刻のタイミングで"AIR MAX 180"と呼ばれるようになる。ナイキの"AIR"への揺るぎないこだわりと開発への情熱が凝縮され、今も変わらない革新的なスタイルを持った一足となっている。2018年2月のオリジナルカラー"ウルトラマリン"に続き、発売当時のカラーをまとった配色が初復刻される。

2018年製。
販売価格 16,200円(内税)
27.5cm
SIZE

SIZE
27.5cm
VANITY ACCESORY
VANITY ACCESORY